愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

ボールゲーム -5- 背中のボールはさみ

----- 9 背中のボールはさみ -----

用意するもの
ドッジボール

遊び方

  • 1スタートラインから15メートルの距離に目標を決めます。
  • 2「ヨーイ、ドン」の合図で、2人が背中合わせになって、その間にボール1個をはさみます。
  • 3はさんだボールを落とさないように、2人で「いち、に、いち、に・・・・・・」と掛け声を合わせ調子をとりながら横向きに進み、目標をまわって戻ってきましょう。
  • 4リレー形式にして遊ぶと競争心が起こって、遊びに活気がでます。
背中のボールはさみ
ねらい
お互いにボールが見えないというハンディが、「助け合おう」という協調性を養う。

----- 10 横へ進んでボール運び -----

用意するもの
ドッジボール

遊び方

  • 12人が向かい合って、床におしりをついて、両足を斜め前方に伸ばします。
  • 2そして2人の両足の裏にボールをはさんで、後方に手をついた姿勢をとります。
  • 3「ヨーイ、ドン」の合図で、2人ではさんだボールを落とさないように、両足をあげたまま、蟹のように横向きに前進して、8メートルはなれた目標をまわって戻ってくる遊びです。
  • 4このとき「いち、に、いち、に・・・・・・」と掛け声をかけていくとボールが落ちないで、うまく運ぶことができます。
  • 5はさんでいるボールを落としたり、足を床につけたら失格で最初からやり直しにします。
横へ進んでボール運び
ねらい
掛け声をかけることでお互いが協力しようという協調性が生まれ、最後までがんばる忍耐や、脚力、腹筋を養う。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,575円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ