愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

数字の大きなカレンダーを使って -2- 神経衰弱

----- 3 神経衰弱 -----

用意するもの
数字の大きなカレンダー(日めくり)、厚紙、のり

遊び方

  • 1カレンダーの数字を切って厚紙に貼り付けて数字カードを作り、ゲームの準備をします。
  • 2数字が見えないように全てのカードをバラバラに裏返して床に置きます。
  • 3先生は「同じ数字のカードを2枚ずつ、3組集めましょう」と指示を出します。
  • 41枚ずつめくっては裏返し、同じ数字のカードを2枚1組となるよう探します。全部で3組の数字カードを早く探すのは誰でしょうか。自分の記憶力に挑戦です。
ねらい
記憶力、注意力、集中力、判断力を育てます。

----- 4 数字出し -----

用意するもの
数字の大きなカレンダー(日めくり)、厚紙、のり

遊び方

  • 1カレンダーの数字を切って厚紙に貼り付けて数字カードを作り、ゲームの準備をします。
  • 2子どもたちはそれぞれ1~10までの数字カードを10枚、手元に置きます。
  • 3先生が「8」のカードを出したら、子どもたちは手元の10枚のカードから素早く「8」のカードを探し出すという具合に、先生が出したカードと同じ数字のカードを手元のカードから探し出します。例えば、先生が「3」と「5」の2枚のカードを出したら、子どもたちも同じように「3」と「5」を探して出します。
応用
数字出しと同じように子どもたちはそれぞれ1~10までの数字カードを10枚、手元に置きます。
例えば先生が「24にしましょう」と指示を出して、子どもたちは手元のカードから、例えば「10」と「9」と「5」を出して数字の合計が「24」になるように並べます。この応用遊びは、小学校中学年以上から楽しくでき、親子でも遊べる頭の体操です。
ねらい
記憶力、注意力、判断力、思考力を育てます。
三宅おじさんの
遊びっ子バンザイ
著者 三宅邦夫
イラスト 田村 悠
定価 1,223円(税込み)
出版社 中日新聞本社
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ