愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

体力向上ゲーム -16- ボール運び(8)

----- 103. 2人でボールつき -----

用意するもの
ドッジボール

遊び方

  • 2人1組になって横にならび、片手だけ相手と手をつなぎます。
  • 「ヨーイ、ドン」の合図で1個のボールを、つないでいない片手(自分と相手の片手)で床につきながら、10メートルはなれた目標をまわり、スタートラインまで戻って、次の組と交代するリレー形式の遊びです。
  • このとき、相手とつないだ手をはなしたり、2人でつきながら前進しているボールが途中ではずまなくなってしまって、床に静止したりころがったりしたら失格で、もう一度スタートラインに戻ってやり直します。
  • 応用として、むずかしくなりますがテニスボールでやっても楽しくなります。
ねらい
協調性、協力性、ボールへの集中力、注意力が育つ。

----- 104. ジャンケンボールつき -----

用意するもの
ドッジボール原著を一部改変。

遊び方

  • 2人1組で、ジャンケンをします。
  • 勝った人は両足をそろえて立ち、負けた人は勝った人のまわりを片手でボールをつきながら5周する遊びです。
  • ボールをついている人が途中でつけなくなって失敗したら、もう一度最初からやり直し。
  • 何回もまわっている間に、目をまわしてしまいそうになる人が出てきて、楽しい遊びになります。
  • 立っている人は絶対に動かないでじっと立っていて、ボールをつく人が何周したかかぞえましょう。
ねらい
ふらつかないようにまわることで平衡感覚を養う。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,620円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ