愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

ボールゲーム -36- ピンポン玉だし

----- 71. ピンポン玉だし -----

用意するもの
ピンポン玉

遊び方

  • 地面に直径30センチの円を描き、ピンポン玉1個を円のまん中に置きます。
  • 円から1メートルの間隔をおいて、別のピンポン玉を投げます。円のなかのピンポン玉をねらってあてて、円からだすようにします。
  • ただし、自分の投げたピンポン玉が円の外に出ると失格です。
  • どこでもすぐできて、気軽に遊ぶことができます。
ねらい
ピンポン玉にあてる角度や速度を考えることで推察力が養われる。集中力を高め、落ち着いた行動がとれるようになる。

----- 72. 足もち競争 -----

用意するもの
なし

遊び方

  • 子ども2人を、縦に約40センチの間隔をおいてならばせます。
  • 後ろの子どもは前かがみになって、前の子どもの右足首を右手で、左足首を左手でつかみます。
  • そのままの姿勢でゴールに向かってスタートします。
  • 後ろの人は手をはなさないように、前の人は後ろの人の手がブレーキになりますが、ころばないようにがんばってみましょう。
  • 2組以上で競争したり、リレー形式で行なったりすれば楽しいでしょう。
ねらい
お互いに協力しようという気持ちが自然に生まれて、協調性が養われる。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,620円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ