愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

体力向上ゲーム -12- ボール運び(5)

----- 95. 両手でボールころがし競争 -----

用意するもの
ドッジボール

遊び方

  • お互いに3メートルはなれて、後ろ向きでまたを開いて立ちます。
  • 「ヨーイ、ドン」の合図で、前かがみに上半身をまげて、ボールを相手に届くように両手でころがすのです。
  • 受ける人はころがってきたボールを開いたまたの下で受け、両手で相手にころがし返します。
  • スタートラインから出発して、目標をまわって戻ってきましょう。
  • 相手に届くようにじょうずにころがさないと、ボールにふりまわされて、思うようにはかどりませんよ。
  • ボールはたえずころがっていること、途中で手でボールをとめたら、最初からやり直しをします。
ねらい
注意力、敏捷性を鍛え、協調性を養う。

----- 96. ボールキャッチ -----

用意するもの
ドッジボール

遊び方

  • スタートラインから15メートルの距離に目標を決めます。
  • 「ヨーイ、ドン」の合図で、2人が2、3メートルほどはなれて向かい合って、両手で相手にボールを投げ渡し、相手はそのボールを両手で受け、すぐに相手に投げる......というぐあいに、2人でボールの受け投げをしながら目標をまわって戻り、次の2人と交代します。
  • 止まってボールを受けるときと違ってむずかしく、うまく受けることができないことがあります。
  • そこでボールを床に落としたら、もう一度最初からやり直し。
  • キャッチボールのじょうずな人でも、思っていたほどうまくできず、どのチームが勝つか最後まで結果がわからないので、応援する人も夢中になって楽しくなります。
ねらい
相手の進む距離などを考え投げることで、状況判断する力が育つ。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,620円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ