愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

楽しい体育ゲーム -9-

----- 17 ジャンケンレイとり -----

用意するもの
紙テープ

遊び方

  • 1紙テープを約80cmに切って両端を結びレイを作ります。レイは参加者の数の半分の数を用意します。
  • 2参加者を2組に分け、6mぐらい離して、向かい合って並びます。2組の間に台を置き、レイを置いておきます。
  • 3両端からひとりずつレイの前に出てきてジャンケンをして、負けた人は勝った人にレイをかけてあげます。これをくり返して、レイを数多く取った組が勝ちです。
ねらい
子どもたちは、レイを首に飾りたい一心で、ジャンケンに夢中になります。このようにしてジャンケンの楽しさ、遊びの楽しさを体験するのです。

----- 18 レイとりジャンケン -----

用意するもの
紙テープ(レイを作るため)

遊び方

  • 1同人数ずつ2~4組に分けます。各組から選出された人が、それぞれ紙テープのレイをチームの人数分だけ首にかけてスタートラインに立ちます。そこから前後1mの間隔をあけて1列に並びます。
  • 2リーダーの合図によって、レイをかけた人は自分のチームの先頭の人とジャンケンをし、勝てばレイを1本首にかけてあげます。そしてレイをかけた人は、すぐ後ろの人へと順番に相手を替えていきます。
  • 3チーム全員にレイをかけたら、ジャンケンをした列の最後に並びます。レイをもらう人は、自分が勝つまでジャンケンをします。全員が早くジャンケンに勝って、レイを首にかけた組が勝ちです。
ねらい
ジャンケンは、勝ち負けが特定の子どもに片寄らないので、だれでも楽しむことのできる遊びです。
子どもと楽しむゲーム(9)
楽しい体育ゲーム104
著者 三宅邦夫
本文イラスト にじ工房
カバー・扉イラスト 渡井しおり
A5判 168頁
定価 1,785円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ