愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

楽しい体育ゲーム -11-

----- 21 腰かけハードル -----

用意するもの
腰かけ20個、細ひも

遊び方

  • 1園児の腰かけを2列に、縦に並べます。腰かけの間隔は約50センチ、列と列の間隔は約3メートル。腰かけと腰かけを細ひもで結んでハードルを作ります。こうして、10組のハードルを並べます。
  • 2子どもは2列に並んで、ひものハードルをまたいで渡る競争をします。対象によって、ひもの高さを高くしたり、低くしたりしましょう。ひものかわりに紙テープを使うのもよいでしょう。
ねらい
早くまたいで渡ることも大切ですが、高さを加減して「ぼくもできる」「わたしもできる」という自信をつけさせることも遊びには大事です。

----- 22 棒のり -----

用意するもの
竹の棒(直径2センチくらいで長さ2メートルのもの)

遊び方

  • 15人で1組を作ります。
  • 2スタートラインから5メートルのところに目標を置き、各組とも棒を持ちます。
  • 3合図で5人が1本の棒にまたがり(1人ずつしっかり棒をにぎる)出発します。目標をまわり早くスタートラインにもどった組が勝ちです。棒を持たない人がいる場合は、もう一度やりなおし、5人が協力して仲よく目標をまわってくる遊びです。
ねらい
リズムに合わせ、お互いの力を調整して協力することで、一層仲間意識を高めます。
子どもと楽しむゲーム(9)
楽しい体育ゲーム104
著者 三宅邦夫
本文イラスト にじ工房
カバー・扉イラスト 渡井しおり
A5判 168頁
定価 1,785円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ