愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

体力向上ゲーム -18-

----- 107. 腕組みボールキャッチ -----

用意するもの
ドッジボール

遊び方

  • ひとりがピッチャーになります。
  • ピッチャーから2~3メートルはなれて、もうひとりが両腕を胸のあたりで左右に組んで立ちます。
  • ピッチャーが投げたボールを、腕を組んだまま受け止めます。
  • うまく受けられるようになったら、ワンバウンドで受けてみましょう。
  • なかなかむずかしいですよ。
ねらい
投げる方も受ける方も集中力が育ち、目と手とボールの協応性を鍛えることができる。

----- 108. 四面ドッジボール -----

用意するもの
ドッジボール

遊び方

  • 直径1.5メートルの円を、4メートル間隔で4つ描いておきます。(円の描く位置は、正方形の角に1つずつ4つ描きます)
  • 1つの円に5人ずつはいり、各円に1個のボールを与え、合図でボールを投げはじめます。
  • どの円に向かって投げてもいいわけですから、1度に3個のボールがとんでくることもあります。
  • 1つのボールに気をとられていると、他の円からボールがとんできてあたったりしますから、注意しなければなりません。
  • ボールにあたったり、ボールを受けそこなったり、円から出た人は失格で、円の外に出てボール拾いをします。
  • 全滅したところは終了し、残っているチームで競争をします。
  • 神経を集中させ機敏に動かないと、はやく全滅してしまいます。
ねらい
まわりをよく見て、正確な判断をすることが大切。集中力、敏捷性が育つ。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,620円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ