愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

楽しい体育ゲーム -14-

----- 27 竹の棒渡り -----

用意するもの
竹の棒30センチに切ったもの6本

遊び方

  • 1竹の棒を地面に約20センチ間隔で並べます。これは、この棒の上を渡る遊びです。棒から落ちないように渡るのですが、うまくバランスをとらないと棒がクルリとまわってしまい、足が地面についてしまいます。
  • 2渡り方にはいろいろあります。それぞれの棒に必ず両足がのるように渡るなど、渡り方を工夫してみましょう。
ねらい
バランスをうまくとる遊びであり、平衡感覚と落ち着いて行動する気持ちを育てます。

----- 28 あきびん遊び -----

用意するもの
あきびん6本

遊び方

  • 1スタートラインから5メートル離れたところに、直径30センチの円を、2メートルの間隔で2つ描きます。円の中に、あきびんを1本倒しておきます。
  • 22組に分かれ、合図で円まで走っていき、びんの口が下になるように、両手で立てます。
  • 3びんが立ったら「1,2,3...」と5まで数えて、両手をあげてバンザイをし、びんを倒して戻ります。
  • 3リレー式に行い、早く終わった組が勝ちです。
ねらい
この遊びはびんをさかさまに立てるのですから、注意力を要し、落ち着いて行動する気持ちを育てます。
遊びの素材は、私たちの日常生活を見渡せば、いくらでもあるのです。1本の棒きれを、幼児が自動車や新幹線にしてしまうように...。
あきびんも、私たちにすばらしい遊びを提供してくれるのです。さあ、家庭の廃品を利用して遊びを発展させましょう。
子どもと楽しむゲーム(9)
楽しい体育ゲーム104
著者 三宅邦夫
本文イラスト にじ工房
カバー・扉イラスト 渡井しおり
A5判 168頁
定価 1,785円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ