愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

ボールゲーム -33- ピンポン玉運び(3)

----- 65. ピンポン玉運び(3) -----

用意するもの
ピンポン玉・ビールのあきびん

遊び方

  • 12組にわかれ、各組ともビールびん1本と、ピンポン玉1個をもちます。
  • 2出発点から5、6メートル先に目標を決めます。ビールびんの口の上にピンポン玉をのせ、手をしっかり伸ばし、びんの底をもちます。
  • 3合図により、ピンポン玉を落とさないように目標をまわり戻って、次の人と交代します。
  • 4途中で落とした人は、もう一度、その場でのせてやり直します。
  • 5ピンポン玉をテニスボール、あるいは大きなボールにとりかえてやってみても、きっとおもしろいですよ。

ほらほら気をつけないとピンポン玉が落ちてしまいますよ。
さあ、もう少しがんばって!

ねらい
集中力が養われる。

----- 66. ピンポン玉送り -----

用意するもの
わりばしの袋・ピンポン玉

遊び方

  • 1わりばしの袋をたて半分に折ります。場所はろうかかたたみの上がいいでしょう。
  • 2目標を決めて2人でピンポン玉を、はし袋の先でころがし、競争します。
  • 3はしの袋だから腰が弱く、力を入れると折れてしまって、ピンポン玉をうまくころがすことができません。
  • 4はし袋とピンポン玉の角度を考えながらころがし、さきにゴールインした人が勝ちです。
ねらい
力の入れ方など道具の特性を知ることも大切。
腹筋、背筋、脚力が鍛えられる。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,620円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ