愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

ボールゲーム -22- 色別ボール拾い競争

----- 43. 色別ボール拾い競争 -----

用意するもの
ドッジボール・テニスボール

遊び方

  • 1間隔を5メートルずつとって両側にラインをひき、3人ずつ向かいあって立ちます。
  • 2そして、そのまん中に直径2メートルの円を描きます。
  • 3円の中に、白のテニスボールや赤、黄、青、緑のドッジボールを合わせて60個ほどバラバラに置きましょう。
  • 4リーダーが「赤!」といったら、両側にいるそれぞれが同時に円まで走っていって、円の中の赤のボールを1個とって自分の決められた場所まで戻ります。
  • 5「白!」といったら白のボールを1個、「黄と青!」といったら黄と青のボールをそれぞれ1個ずつ手にもって戻ります。
  • 65回連続でやって、だれが早くリーダーの指示通りにできたか点数をつけて遊ぶと、よーし負けないぞ、とファイトがでてきて活気ある遊びになります。
ねらい
敏捷性を養い、機敏な行動が的確な判断力を育てる。

----- 44. ボール通し -----

用意するもの
テニスボール・ロープ(3メートルぐらい)・板・新聞紙(中央を直径40センチの円に切りぬいたもの)

遊び方

  • 1ロープの中央に新聞紙を折りまげてつけ、そのロープの両端を2人でしっかりともちます。
  • 2ロープの位置から3メートルほどはなれた所にラインをひきます。
  • 3床から新聞紙までの高さは60センチぐらいがよいでしょう。
  • 4ボールをワンバウンドで投げ、新聞紙の穴に、スッポリとうまく入れるのです。
    その場合、自分がワンバウンドをさせようと思うところに板を置き、そこではずませるのです。
  • 5ただ単に投げればよいのではなく、投げ方を考えなければいけません。
    投げる場所、投げるときの角度、はねかえる角度を考えて、やってみましょう。
ねらい
新聞紙のまとをねらうので、しぜんに集中力が養われる。
ボールの弾みぐあいを見ながら投げ方を考えるので、的確な判断力を育てる。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,575円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ