愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

ボールゲーム -32- ピンポン玉運び(1)

----- 63. ピンポン玉運び(1) -----

用意するもの
マッチの棒・ピンポン玉・小皿

遊び方

  • 12人で向かい合い、マッチの薬のついた丸いほうを外にむけて両手に1本ずつもちます。
  • 22人が同時にマッチの先でピンポン玉を落とさないようにもって、お皿からお皿(約30センチ間隔に置く)におくっていきます。
  • 32個のピンポン玉を右から左に2回、そして左から右に2回と競争して運びましょう。あせればあせるほど力がはいりすぎるのでうまくもてません。
  • 4落ちついた行動をとるのがコツです。
  • 5ピンポン玉のないときは、ゆでたまごを使うのもよいでしょう。
ねらい
注意力、集中力を養う。

----- 64. ピンポン玉運び(2) -----

用意するもの
ピンポン玉・コップ・水

遊び方

  • 1コップに水をいっぱい入れ、ピンポン玉を浮べます。
  • 2それを2つ用意し、2組にわかれて、ピンポン玉と水をこぼさないようにコップをもって走る遊びです。
  • 3コップには、いっぱい水がはいっているのですぐ落ちたり、こぼれたりしますから、なかなか走ることができません。
  • 4競争して水がこぼれても、少量なのでぬれても平気。少しぐらいぬれた方が活気が出ます。
ねらい
相手と競争することで、慎重な行動になりがちな遊びに敏速性が求められる。集中力が育つ。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,620円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ