愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

いすを使って -2- いすの上で体操

----- 3. いすの上で体操 -----

用意するもの
いす

遊び方

  • 1背もたれを向かい合わせにしていすを置きます。
  • 23人1組で、そのうちの2人が向かい合っていすにまたいで腰かけ、背もたれの両端を握ります。
  • 3残りの1人は、いすの背もたれの上に、両手両足をのせて体のバランスをとります。
  • 4リーダーの「右足あげて」で、右足だけあげます。
  • 5「左足あげて」で左足をあげ、右手、左手も順にあげていきます。2人はいすがぐらつかないように、しっかりとふんばって支えます。
ねらい
腕力、腹筋、足腰、平衡感覚を育てます。

----- 4.いすとり競争 -----

用意するもの
いす

遊び方

  • 1参加者全員が、隣と間隔を離して1人1脚のいすを置いて腰かけます。
  • 2リーダーの「かわりましょう」の合図で、ほかのいすへ移動して腰かけます。1人1脚のいすで、5回ほど繰り返して遊びます。
  • 3次は、いすを半分に減らして、2人で1脚のいすにします。リーダーの合図で、2人が手をつないで、ほかのいすへ移動して腰かけます。
  • 4今度はさらにいすを半分に減らして、4人で1脚のいすにします。「かわりましょう」で、4人が手をつないで移動し腰かけます。
ひとこと
2人がいすに腰かける時、最初に腰かけた人の膝の上にお尻をのせます。2人目の膝の上に3人目、その上にもう1人がお尻をのせれば、全部で4人が腰かけられます。
ねらい
注意力、集中力、協調性を育てます。
三宅おじさんの
遊びっ子バンザイ
著者 三宅邦夫
イラスト 田村 悠
定価 1,223円(税込み)
出版社 中日新聞本社
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ