愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

ボールゲーム -23- 両手つないでボール通し

----- 45. 両手つないでボール通し -----

用意するもの
テニスボール

遊び方

  • 1まず3人組をつくります。
  • 22人1組になって向かい合い、両手を伸ばして相手と手をつなぎます。
  • 13メートルの距離をおいて、残りのひとりがワンバウンドするようにボールを投げます。
  • 1そして2人はつないだ両手の輪を広げて、ワンバウンドしたボールをうまく輪の中にくぐりぬけるようにさせる遊びです。
  • 1このとき、つないだ2人の手は、絶対にはなさないようにすること。
  • 12人がボールを輪にくぐらせるタイミングが一致しないと、しっかり手をつないでいてもはなれてしまって失格になります。
  • 1ボールを投げる人の投げ方次第で、2人がうまくボールをくぐらせることができるか決まります。
  • 13メートルの距離で満足せず、4メートル、5メートル...というぐあいに、遠くからボールを投げるようにしましょう。だんだんむずかしくなるけれど、夢中になり楽しい遊びになります。
ねらい
3人の目と手の協応性が、正確な判断力を養うとともに、協調性を高める。

----- 46. はねかえりボール -----

用意するもの
テニスボール・壁

遊び方

  • 1壁より5メートルの所にスタートラインをひきます。
  • 2まずひとりが、ボール1個をもってスタートラインに立ちます。
  • 2「ヨーイ、ドン」の合図で、スタートラインより壁に向かって片手でボールをころがし、壁にあたってはねかえってきたボールを次の人が受けてまたころがすというぐあいに、ボールのころがしっこをします。
  • 2ボールが動いている間は、地面にボールがついていること。あくまでもスタートラインの所でボールをころがし、完全にボールが止まるまでは続けて、何回できるか競争をします。
    ころがし方がわるいと、ボールに振りまわされてしまう遊びです。
ねらい
力いっぱいころがすことで、腕力を鍛える。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,575円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ