愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

ボールゲーム -12- 振り向かないでボール送り

----- 23.振り向かないでボール送り -----

用意するもの
ドッジボール

遊び方

  • 12メートル間隔で直径50センチの円を5つ縦に書き、それぞれの円にひとりずつ同じように正面向きで立ちます。
  • 2「ヨーイ、ドン」の合図で、先頭は次の相手へ、正面を向いたままボールを後ろへ頭上から両手で投げます。
  • 3後ろで待つ相手は円の中でうまくボールを両手で受けとめて、同じようにして次の人にボールを投げましょう。ボールを受けとる人から見ると、投げ渡す人はいつも後ろ向きになりボールが見えません。うまく投げないと受けとりに困ってしまいます。
  • 45人目まで渡ったら、向きをかえて最後の人から先頭に向かって順番に、先と同じようにしてボールを送り、遊びを続けましょう。円から外へ出たり、ボールを床に落としたら、もう一度最初からやり直しです。
ねらい
正確に相手にボールを投げ渡すことを学びます。

----- 24.ボールの花づくり -----

用意するもの
ドッジボール

遊び方

  • 15人1組にして、ひとりがボールを持ちます。4人が床に背中をつけてあお向けになり、それぞれ両足をそろえて上にあげましょう。
  • 24人の足は花芯を表わすように、中央に集めます。そして、その4人の足の裏の上に、ひとりがボールを1個のせます。
  • 3ボールがのったら、ボールをのせた人も他の人と同じように背中を床につけ、両足を上げて5人で花芯を作ります。このとき、両手を広げればきれいな花びらになります。
  • 4ひとりでも足を動かすとボールが落ちてしまうので、がまんしましょう。お互いの手をつないで、上体、顔、手を上にあげると組体操になり、運動会にもってこいの遊びになります。ボールを赤、青、黄などにし、ユニホームの配色を考えてやると立体的な遊びで、応援する人もボールの花の美しさに思わず拍手を送ることになるでしょう。
ねらい
お互いに最後までがんばるという忍耐力を鍛えながら、脚力、腹筋、背筋、胸......と全身をたくましくします。
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,575円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ