愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

子どもと楽しむゲーム

遊戯研究家
三宅 邦夫

ボールゲーム -2- 輪なげ

----- 輪なげ -----

●用意するもの
・ドッジボール・ひも(やや太くてじょうぶなもの)

●遊び方
 ひもを40センチに切ってむすび、輪を作ります。

 輪は5つ作り、それをもってひとりがラインのところに立ち、もうひとりはラインから2メートルの間隔をおいて、横からボールをころがします。

 輪をもった人がボールに向かって輪を投げて、動くボールに投げ入れる遊びです。

 うまくボールに輪を入れるとボールがとまります。

 5つの輪をいくつボールに入れることができるかを競争する、とてもゆかいな遊びです。

ねらい
ボールの動きをよく考えて、輪を投げることが大切です。集中力、判断力が育つ。


----- ボールはさみとび -----

●用意するもの
・ドッジボール

●遊び方
 スタートラインから15メートルの距離に目標を決めます。

 「ヨーイ、ドン」の合図で、開いた足の間にボールをはさんだままで、とびながら目標をまわって戻り、次の人にボールを渡して交代します。

 リレー形式のチーム対抗の遊びです。

 はさんだボールを途中で落としたら、最初からやり直しにします。

 おとなのチームと子どものチームと競争してもおもしろいでしょう。
ねらい
ボールを落とさないよう注意力を育て、跳躍力を鍛える。


 
子どもと楽しむゲーム(8)
ボールゲーム・体力向上ゲーム117
著者 三宅邦夫
山崎治美
本文・中扉イラスト にじ工房
A5判 126頁
定価 1,575円(税込み)
出版社 黎明書房
子どもと楽しむゲーム
このページの一番上へ