愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

家計の総合相談センターの相談員のコラム

株式会社 家計の総合相談センター
ファイナンシャルプランナー
石川 友紀・森 朱美・佐野 圭子・宮田 かよ子
尾上 堅視・堀之内 千津

リスク = 危険?!

世の中には様々な金融商品がありますが、金融商品を選択するときに正しく理解しておくとよいのが、『リスク』という言葉の意味です。
一般的には、『危険』『危ない』といった意味にとられますが、投資においての『リスク』の意味は少し異なり、『変動の大きさ』のことを言います。

例えば、10,000円で購入した投資信託が、1年後どのくらい価格が上下するのか。将来の価格変動は不確実ですが、「おそらく±10%の範囲で変動する」、「おそらく±25%の範囲で変動する」など、儲かりそうなのか損をしそうなのかということではなく、変動の幅が小さいものを「リスクが低い(小さい)」、大きいものを「リスクが高い(大きい)」と言います。

また、『リターン』という言葉も一般的には『儲け』といったプラスのイメージがありますが、リターンには、『プラスリターン』と『マイナスリターン』があります。『リスク』を言い換えると、このリターンの振れ幅とも言えます。

「この商品はリスクが高い金融商品です」
「この商品は高いリターンが期待できます」

と説明をされたとき、みなさんはどちらの金融商品を選びますか。リスク=変動の大きさであること、リターンにはプラスもマイナスもあることを理解していれば、どちらも「ハイリスクハイリターン」の金融商品であると判断できますね。

また、誰もが期待してしまいがちな『ローリスク ハイリターン』(ノーリスク ハイリターン?)ですが、変動が小さくて、高いリターンが期待できる?そんな金融商品に出会ったら、このコラムを思い出して下さい。

森 朱美
ファイナンシャルプランナー(CFP®
株式会社家計の総合相談センター

家計の総合相談センターの相談員のコラム
このページの一番上へ