愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

家計の総合相談センターの相談員のコラム

株式会社 家計の総合相談センター
ファイナンシャルプランナー
石川 友紀・森 朱美・佐野 圭子・宮田 かよ子
尾上 堅視・堀之内 千津

消費税増税で知っておきたいお得な制度

令和元年10月1日から、消費税が8%から10%へと増税となりましたね。買い物するたびに増税の影響を感じているのではないでしょうか。
今回の増税では、ただ税率がかわっただけでなく、買うものによって税率が異なったり、ポイント還元が実施されたりと、困惑される場面もあると思いますので再度確認してみましょう。

◆消費税の軽減税率制度
日常的に必要になるものについて消費税の税率を軽減して、消費者の経済的な負担を抑えるための制度です。主に食品の税率を8%に据え置く制度で「酒類・外食を除く飲食料品」が対象になっています。
買うもの、買い方によって、8%で済む場合と10%になる場合があり、食べ物・飲み物といってもアルコールは10%になり、外食やイートインスペースの飲食も10%となります。
他にも「週2回以上発行される新聞(定期購読契約に基づくもの)」も対象となりますが、駅やコンビニ、電子版の新聞は軽減税率の対象外となります。
簡単な覚え方としては、食べ物、飲み物を買ったとき、新聞を定期購読したときは、軽減税率8%で支払いするわけです。

詳しくは政府が公開している軽減税率についての解説サイトがおすすめです。
https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/keigen_zeiritsu/

◆キャッシュレス・ポイント還元事業
景気対策と中小企業や消費者にもキャッシュレス会計による利便性を高めてもらうために、消費税率引上げ後の9カ月間(2019年10月1日〜2020年6月30日)に限り、制度に登録された中小・小規模事業者の店舗でキャッシュレスで代金を支払うとポイントが還元される制度です。
キャッシュレス決済とは、制度に登録された電子マネーやプリペイドカード、デビットカード、クレジットカード、スマートフォンでの支払いのことを指します。
対象の店舗はロゴ入りポスターが貼ってある店舗で、中小・小規模事業者の店舗では5%、コンビニなどフランチャイズチェーン店舗では2%がキャッシュバックされます。

こちらも経済産業省のサイトで解説されていますので、チェックしておきましょう。
https://cashless.go.jp/consumer/

◆併せて家計の見直しをしましょう!
増税の心配や新しいサービスを取り入れることも大事かもしれませんが、せっかくですのでこの機会に、使っていないサービスや家計の見直しをされるのもおススメです。

尾上 堅視
ファイナンシャルプランナー(AFP、DCプランナー)
株式会社家計の総合相談センター

家計の総合相談センターの相談員のコラム
このページの一番上へ