愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

家計の総合相談センターの相談員のコラム

株式会社 家計の総合相談センター
ファイナンシャルプランナー
石川 友紀・森 朱美・佐野 圭子・宮田 かよ子
尾上 堅視・堀之内 千津

平成29年8月から70歳以上の医療費の自己負担額上限がアップします。

何度か病院に掛かることがあったり、入院した場合などに窓口での支払いが高額になることがあります。医療費が家計の中で重くなりすぎないように医療費の自己負担額は所得に応じて月ごとに上限が定められていて、その上限を超えた分があとで払い戻されます。この制度が『高額療養費』です。
高額療養費制度があるおかげで、医療費の負担はその上限までで済むことになっています。

 その高額療養費の70歳以上の人の上限額が平成29年8月からアップします。
例えば、70歳以上で所得区分が一般の方(課税所得145万円未満等)は外来での個人の月の上限が12,000円だったのが、14,000円に、外来と入院のひと月に支払った医療費の世帯合計が44,400円から57,600円にアップすることになりました。その分、医療費の負担が大きくなるケースもでてきます。

【70歳以上の方の月ごとの上限額】

高額療養費の上限額は高齢者の方が若者世代より低く設定されているので、全ての方が安心して医療を受けられる社会を維持しつつ、高齢者と若者の世代間公平を図るため、負担能力に応じた負担をしていただくための見直しということのようです。
平成30年8月からは更なるアップが予定されているので、今まで以上に医療や介護などの自助努力での必要性も高くなってきます。

山田 志保実
ファイナンシャルプランナー(CFP®
株式会社家計の総合相談センター

家計の総合相談センターの相談員のコラム
このページの一番上へ