愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

足心ヨーガ健康法(カラダとココロのリハビリテーション)

厚生労働大臣認定 健康運動指導士
中京大学・金城学院大学エクステンション講師
井坂ヨーガ研究所 代表
井坂 津矢子

身体を通して生命の歴史を知りましょう3 --爬虫類(脊椎動物)--

ヨーガはつなぐという意味をもっています。
雨も 風も 空も 星も 海もみんな私です。
ヒトは昔 野に咲く花だった。
草や実が私となった。
ときには虫だったこともあるし
自由に空を飛ぶ鳥だったり、野山を馳せめぐるケモノだったこともある。
ヒトは自然のスベテの"モノやいのち"とつながりをもって姿を変えて人間にたどりついたことになる。
今も私たちは宇宙や自然のスベテといろんなつながりをもち生きている。

ヨーガの体操は生命進化の道すがらです。
引き続き生命の歴史をたどってみます。

<爬虫類(脊椎動物)>

「カメのポーズ」
踵は床へ、両手は膝の下へ、顔上げる。
※腰の痛み、おシッコの出をよくする。
腰痛、自律神経整える。

「ヘビのポーズ変形」
肘付ける。曲げた膝頭を肘に寄せる。
※貧血におすすめ。
造血力の高い骨々に働きかける。

「トカゲのポーズ」
できるだけ背骨床と平行に。
※膀胱・秘尿器系の症状に。

昔ヨーガの行者は、自然をよく観察して自然の営みやそこに生活する動植物から多くの知恵を学んだ人達でした。そしてそれらを手本として、自然に逆らわないで生きることが、最も健康的であることを体得しました。特に動物たちが本能的に行っているしぐさから多くの健康に関する知恵を身につけたのです。そして、アーサナ(ポーズ)が生まれました。

足心ヨーガ健康法(カラダとココロのリハビリテーション)
このページの一番上へ