愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

足心ヨーガ健康法(カラダとココロのリハビリテーション)

厚生労働大臣認定 健康運動指導士
中京大学・金城学院大学エクステンション講師
井坂ヨーガ研究所 代表
井坂 津矢子

職場で快適に過ごすためのヨーガシリーズ2

足の体操

息を吸いながらカカトを上げ、保息し、指先を強く押しつける

息を吸いながらツマ先を上げ保息し、カカトを押しつける

息を吸いながら足の内側を上げ保息し、外側(小指側)を強く押しつける

息を吸いながら足の外側を上げ保息し、内側を強く押しつける

効果
  1. 「足は全身の縮図」といわれるように全ての内臓諸器官や身体の各部とつながりがあるのです。
  2. 足や脚を動かして刺激すると、そこに流れている胃経、胆経、膀胱経、腎経、脾経の六つの経路が刺激されハリや灸をしたのと同じようにこれらに関連する内臓諸器官の働きも高まるのです。

にぎりこぶしを二つ並べ、ヒザを閉じようとする。

手の力にさからってヒザを開こうとする。

効果

筋肉の中には筋紡錘という感覚受容器があり、筋肉を強く収縮させると、ここから多くの信号が知覚神経を通して、大脳の活動水準を支配している脳幹網様体賦活系を強く刺激するので、この大量の神経インパルスが大脳に活を入れる目覚め信号となって働くのです。

足心ヨーガ健康法(カラダとココロのリハビリテーション)
このページの一番上へ