愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

郷土の特産品でオシャレな家庭料理を

栄中日文化センター提携 インターティアラ・お料理サロン 主宰・食育伝道師・管理栄養士
テーブルコーディネーター
伊藤 華づ枝

チキン・アラッ!ポモドーロ(鶏肉のトマト煮込み)

このページでは、郷土の特産品を使った、オシャレで楽しい家庭料理を紹介しております。 今月は、「ポモドーロ=イタリア語でトマトの意」を使ったチキンの煮込み料理です

鮮やかな色が、味が良いのは、露地ものが主体となる夏。まさにこれからが本番の夏野菜 です。

原産地は、南米のアンデス高原。その後ヨーロッパに伝わりました。イギリスでは、ラブ アップル(愛のりんご=精がついて、性ホルモンの分泌が高まる)、ドイツでは、天国の リンゴと呼んで、健康的な真っ赤なかわいい形を、リンゴにたとえて愛するようになった のです。

さて、わが日本には明治以降に輸入され、当初は観賞用でしかなかった植物でした。現在 、愛知のトマト生産は、その気候・風土が幸いして、全国第2位となっています。

ビタミンCとAが多く含まれ、便秘を予防するペクチンを多く含んでいる上に、その酸味 は気分を爽快にして、ストレス防止になりますから、女性にも男性にもうれしい食材と言 えましょう。愛知の男女に「さわやかさん」が多いのも、うなずけるところですね。

さて今月は、私のおもてなしレシピ=名古屋風チキンのトマト煮をご紹介しましょう。

名古屋コーチンとトマト、きしめんをとり合わせた、評判の「アラッ!」レシピです。

ナンバー2で作り方をご紹介。

6月はアナゴを紹介予定

チキン・アラッ!ポモドーロ
<材料・4人分>
名古屋コーチン
(鶏もも肉を使用しても良い)
2枚
(700g)
小さじ1/3
こしょう    
   
にんじん(小)    
セロリ    
小玉ねぎ    
オリーブ油
(又はサラダ油)
   
にんにく(みじん切り)    
A トマト
(完熟・皮をむいて種を取ったもの)
250~300g
赤ワイン 大さじ4
1カップ~
固形スープの素 1コ
ドライオレガノ
(又はバジル)
小さじ1
小さじ1
こしょう 少々
きしめん(ゆで) 2玉
(300g)

<栄養価計算数値・1人分>
エネルギー:478kcal
たんぱく質:21.5g
脂質:18.5g
塩分:2.3g
<作り方>
1 鶏肉はひと口に切り、軽く塩とこしょうをふって 下地をつけ、両面を色よく焼きます。
2 にんじんとセロリは棒状に切り、玉ねぎは皮をむきます。
3 厚手なべにオリーブ油を入れて弱火でゆっくりと にんにくを炒め、②も加えて更に炒めます。
4 ③に(A)を加えてしばらく煮込み、 ①を加えてオレガノの入れ、 アクをとりながら煮込みます。
5 ④に(B)で調味し、器にソースを からめたきしめんと共に盛ります。
このページの一番上へ