愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

やさしい英文法講座

中日文化センター講師 日本福祉大学講師
中村 一子

花が咲き鳥が鳴く美しい春

皆さん、こんにちは!5月号です。
一年中で最も過ごし易い季節を満喫できていますか。様々な花が色美しく咲き、新緑が目を癒す。そして、木立にはたくさんの鳥がさえずる美しい季節ですね。
英語には、「春は美しい季節」という文に「たくさんの花が咲いている」という状況を付け加える便利な方法があります。付帯状況といって、文字通り状況を付け加える方法です。
今月は「withを使った付帯状況」を取り上げます。
まずは、「春は花が咲き、美しい季節」を表現してみましょう。
①Spring is a beautiful season. (春は美しい季節です。)
②Many flowers are in full bloom. (たくさんの花が咲いています。)
①の文を基に、②の状況を付け加えると、
Spring is a beautiful season with many flowers in full bloom. となります。
   (春はたくさんの花が咲いて美しい季節です。)
つまり、状況は「with + O + 前置詞 + 名詞」の形でいれました。

では、withを使った付帯状況のパターンを紹介しましょう。
1with + O + 過去分詞He usually sits on the chair with his legs crossed.
  彼はたいてい足を組んで、その椅子に座ります。
付け加える状況は、
 His legs are crossed. なので
withの後にhis legs、その後に過去分詞 crossed
2with + O + 現在分詞She is looking at him with her eyes shining.
  彼女は目を輝かせて彼を見ています。
付け加える状況は、
 Her eyes are shiningなので
withの後にher eyes、その後に現在分詞 shining
3with + O + 前置詞 + 名詞David is talking with his arms on the table.
 デヴィッドは腕をテーブルについて話しています。
付け加える状況は、
 His arms are on the table. なので
withの後にhis arms
その後に前置詞 + 名詞 on the table
4with + O + 形容詞Don't speak with your mouth full.
  口を一杯にして話してはいけません。
付け加える状況は、
 Your mouth is full. なので
withの後にyour mouth、その後に形容詞 full
5with + O + 副詞 I study English in the kitchen with the radio on.
 私は台所でラジオを聞きながら英語を勉強します。
付け加える状況は、
 The radio is on. なので
withの後にthe radio、その後に副詞 on

※Oの後の分詞を過去分詞にするか現在分詞にするかは、Oと分詞との関係により判断します。Oが分詞の動作を受ける(受け身)時は過去分詞を、Oが分詞の動作をする(能動)時は現在分詞を用います。

では、英文を作ってみましょう。アンダーラインの部分が付け加える状況です。
  • ①私は目を閉じてジャズを聴くのが好きです。
  • ②夏の間、私達はエアコンをつけたまま寝ます。
  • ③彼はドアーを開けたままシャワーを浴びていました。(形容詞openを使います。)
  • ④彼女はベルトがスカートからぶらさがったまま出かけました。
  • ポケットに手を突っ込んで歩いてはいけません。
  • ⑥春は多くの鳥が木立の中でさえずる心地良い季節です。
<解答>
  • ①I like listening to jazz with my eyes closed.
  • ②During summer we sleep with the air conditioner on.
  • ③He was taking a shower with the door open.
  • ④She went out with the belt hanging from her skirt.
  • ⑤Don't walk with your hands in the pockets.
  • ⑥Spring is a comfortable season with many birds singing in the trees.

いかがですか。状況を簡単に付け加えることのできるwithを上手に使いましょう。
では、また来月号で!

このページの一番上へ