愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

手づくり食品のすすめ

栄中日文化センター提携 インターティアラ・お料理サロン 主宰・食育伝道師・管理栄養士
テーブルコーディネーター
伊藤 華づ枝

ふっくらぶどう豆

時代は今、本物の手づくり料理を求めています。母から子へと伝えられてきた家庭での伝承の味が途切れてしまい、教えてくれる人が少なくなりました。
このページでは、伝統をふまえながらも家庭で作りやすいようにアレンジした、「とっておきレシピ」や最新の保存食品を伝授します。
手作り料理は、安全・安心というおまけ付きでもあります。
このページで、家族の健康と笑顔を手に入れましょう。



第5回目は、お節料理に欠かせない「ふっくらぶどう豆」です。

早いもので、今年も残すところあとわずか。目まぐるしく過ぎていく毎日に、ゆっくり一年を振り返る時間もなかなかなさそうです。しかしせめてお節料理くらいは、今年一年の感謝の気持ちと新しい年の健康と栄光への願いを込めながら、じっくり作りたいもの。最近では、お節料理を手作りする家庭が激減する上、お節料理自体を食べなくなっている家庭も急増しているようですが、やはり手作りの安心感、充実感は何にもかえがたいものがあります。

そもそもお節とは、古くは五節句(正月、桃の節句、端午の節句など)の料理をさしましたが、現代ではご馳走の多い年始料理だけを呼ぶようになりました。このお節の代表格といえば、黒豆、数の子、田作りの三種類。そして某有名惣菜メーカーによると、全国で一番売れているお節が黒豆だとか。「お正月には黒豆が食べたいけれど、自分では煮えない」という人が多いのですね。そんなあなたに、調味料に入れてひと晩おいて煮るだけ!という究極レシピをご紹介します。あまりにも簡単で、しかも豆は栄養的にもとても優れているので、お節料理としてだけでなく、一年中おすすめ。このレシピで黒豆を煮れば、ふっくらつやつやの出来栄えに、ますます新しい年への期待が高まりそうです。

★ふっくらぶどう豆★
材 料 分量
(作りやすい分量)
黒豆(丹波産) 1カップ
A 800ml
小さじ1/3
砂糖 80g
重曹 小さじ1/4
しょうゆ 大さじ1弱
さびくぎ 4~5本
<お役立ちトピックス>
黒豆に含まれる注目の微量栄養価
イソフラボン 女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするので、女性の更年期障害の緩和・乳ガンの予防、男性の前立腺ガンの予防に効果を発揮
コリン
(ビタミン様作用物質)
コレステロールの血管沈着を予防
サポニン 脂質の代謝を促進し、肥満予防に効果的
<お節料理のこと>
毎年何気なく食べているお節料理。今回はその料理や食材に込められた意味(願い)を少しご紹介します。
黒豆 健康・労働 田作り 五穀豊穣
伊達巻 筆の上達 数の子 子孫繁栄
金柑甘煮
・きんとん
金運がよくなるように 昆布 よろこぶ
エビ 長寿 れんこん 見通しが良いので縁起物
ブリ 出世魚なので縁起物        


― 作り方 ―
(1) 黒豆は洗って、(A)と共になべに入れてひと晩おきます。
(2) (1)を中火にかけ、沸騰したら火を弱め、コトコトと4~5時間位ゆっくり煮ます。
(3) (2)の煮汁が少なくなったら、繰り返し差し水をしてアクを取ります。豆が柔らかくなったら火を止めてそのまま一昼夜おき、味をなじませます。
このページの一番上へ