愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

体にうれしい幸せレシピ

栄中日文化センター提携 インターティアラ・お料理サロン 主宰・食育伝道師・管理栄養士
テーブルコーディネーター
伊藤 華づ枝

疲れ目に効くメニュー

★ニンジンのカラムーチョサラダ



「目が疲れる」、「目がかすむ」、「目が乾く」、「充血する」などの症状を訴える人が毎年増加しています。オフィスでは一日中パソコンにむかい、細かい データや激しい動きを追って目を酷使する毎日、その上室内はタバコの煙で充満、また外へ出ると車の排気ガス、さらにはストレスの多い生活など、私たちの日 常生活は目が疲れる要因で溢れかえっていると言っても言い過ぎではないでしょう。現代社会は、まさに「目に厳しい時代」。先日、電車の中で制服を着た中学 生らしき男の子達から「あー目が疲れた」「俺もたまに字がぼやけて」などという会話が聞こえてきました。激しい受験戦争やテレビゲーム、携帯電話のメール などにより、子どもたちの目さえも相当疲れているようです。

普段から夜星を見たり、遠くの山や緑を見ることを心がける、またパソコンやテレビの画面からできるだけ離れ、時間を決めて休憩をとる、そして目を上下左右 に動かしたり、グルグル回すなどの運動をするなど、折々に目を休ませてあげると良いですね。

また、健康な目を保つためには、毎日の食生活はとても大切。中でもビタミンA(β―カロテン)は、「目のビタミン」と呼ばれるほど目にとって重要な栄養素 です。牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品やレバー、緑黄色野菜(ニンジン、カボチャ、ホウレン草などの青菜、ブロッコリーなど)を積極的にとりましょ う。ビタミンB群(貝やのりなどの海藻類、豆、まぐろなどに多い)も視神経の疲労回復効果があります。そこで今月ご紹介するのは、ニンジンやツナ缶などを 使った、目を元気にさせるためのメニューです。食べる直前に和えるカラムーチョのサクサク感と適度な刺激で、目がイキイキすること間違いなし。これならニ ンジン嫌いのお子さんも、お父さんも、喜んで食べてくれるはずです。かたいものをよくかんで食べ、目の周りの筋肉を動かすことも、目にはとても良いことな のですよ。さあ、このサラダをゆっくりよくかんで食べ、いつもキラキラと眩い瞳のあなたでいてください。

ニンジンのカラムーチョサラダ
<材料・4人分>
にんじん(大) 1本(200g)
玉ねぎ(大) 1/2コ(100g)
適宜
ツナ缶(80g) 1缶
マヨネーズ 大さじ3
カラム-チョ(スティックタイプ菓子) 1カップ(35g・約1/4袋)
青味(バジルなど) 適宜
<作り方>
(1) にんじんはせん切り、玉ねぎはごく薄く切り、塩をふります。
(2) (1)がしんなりしたら、ザッと洗い流し、水けをとります。
(3) ボウルに汁けをきったツナを入れ、(2)を加えてマヨネーズであえます。
(4) 最後にカラム-チョを加え、サッと混ぜます。 あれば、青味(バジルの葉)を散らします。
このページの一番上へ