愛知県共済

インターネット公開文化講座

文化講座

インターネット公開文化講座

季節のおしゃれ料理を素敵にテーブルコーディネート

栄中日文化センター提携 インターティアラ・お料理サロン 主宰・食育伝道師・管理栄養士
テーブルコーディネーター
伊藤 華づ枝

さわやかな新緑のテーブル  ~食器を選ぶときのコツ

自分のカラーを決めるコーディネート

★にんじんのオレンジ漬けサラダ

「この季節には絶対これが食べた~い」「こんなおもてなしをしたい!」「ミニパーティーを開いて、みんなをアッと言わせたい」など、だれもが願うことではないでしょうか。
このページでは、季節のおしゃれ料理と手軽にできるテーブルコーディネートのコツを、アバイスしております。

第10回目は、生き生きとした新緑の季節のコーディネートとともに、食器を選ぶときのコツをご紹介しましょう。



生命の躍動を感じる食卓作り
街路樹の葉が青々と生い茂り、日の光が思いがけなく濃い影を作る5月。時折吹く風に、さわやかな新緑の香りが混じり、ふと立ち止まって深呼吸をしたくなります。
今月は、そんなすがすがしい新緑の季節を、テーブル上に再現してみましょう。
光を燦々と浴びる木々をイメージして、バナナの葉皿を並べました(写真中央)。一番大きな葉皿には、卵の黄色とほうれん草の緑が美しい「海鮮あんかけパス タ」(昨年の3月号でご紹介)を、そして中央の葉皿には今回ご紹介する「にんじんのオレンジ漬けサラダ」を盛りましょう。太陽のようにまぶしい色とさわや かなオレンジの風味がこの季節にピッタリ。アニマル柄のティーポット(写真右奥)にさしたグリーンとナプキンの深緑は、木々の力強さを伝えてくれていま す。取り皿(写真手前)とカップに描かれた鳥達も何だか忙しそう。自然のスケールを感じさせる、動きのあるテーブルに仕上がりました。
 
食器選びのポイント
最 近はおしゃれな雑貨屋さんも増え、世界中の食器がずいぶんお値打ちに購入できるようになりました。私も食器を買うことが大好きで、自宅のキッチンスタジオ には3000枚以上の食器がびっしり。全部収納しきれず、ついには自分で食器棚をデザインしてしまったほどです。このように増え続ける食器の収納に頭を悩 ます人も多いのではないでしょうか。食器を購入する際に気を付けたいことは、「重ねられるものを買う」ということです。バナナ皿(写真中央)は、一見個性 的な形で収納が難しそうにみえますが、大きさ違いで3枚とも重ねられ、実はあまり場所をとりません。そしてもう一つのポイントは、「自分のテーマカラーを 決める」ということです。自分のカラーを決めることによって、次に買う食器もそれに合うものを選ぶようになり、最終的にすべての食器がコーディネートしや すくなっていきます。しかも食器棚がバランス良く統一され、見た目も美しく収納できます。また、白の食器は料理がおいしそうに見える上に、どんな色の食器 にもよく合うので、少しずつ買い揃えていただきたいものです。皆様もこのコーディネートを参考にしていただいて、食卓を自分のカラーでセンス良く飾って下 さい。
 
にんじんのオレンジ漬けサラダ
<材料・4人分>
にんじん 2本
少々
オレンジジュース 1カップ
オリーブ油 大さじ3
レモン汁 大さじ1/2
大さじ1/2
小さじ1/2
こしょう 少々
スライスアーモンド 適宜
<作り方>
(1) にんじんはせん切りにし、塩をふって軽くもんでしばらくおきます。
(2) (A)を合わせて水けを絞った(1)を漬け込みます。
(3) 器に(2)を盛り、スライスアーモンドを散らします。
季節のおしゃれ料理を素敵にテーブルコーディネート
このページの一番上へ